Host Selected Sessions

HS01 5月8日, 14:00-15:30 / Room411,412

移動制約者とITS

障がいや高齢で移動に制約のある方は介助者への遠慮から外出を控えがちです。しかし、自動運転などの次世代モビリティ技術で移動の課題をクリアできれば高い専門性やスキルを活用した社会参画を促すことができます。本セッションではモデレーターらが研究を進めている、対話で行き先を相談できる一人乗りの自動運転モビリティを紹介し、それらを活用した新たな福祉サービスと街づくりについて議論します。また、商店街などでの実証試験を通じて見えた課題にも言及し、社会実装に向けてITSをどう活用すべきか議論します。移動制約者に対する先進的なITSに関する議論を通して、侵害されてはならない移動の権利についても理解を深めたいと思います。

モデレータ: 八子 知礼, 株式会社ウフル 専務執行役員/IoTイノベーションセンター所長兼エグゼクティブコンサルタント
スピーカー: 賀村 研, 株式会社カムラック 代表取締役
スピーカー: Toshiya Kikuchi, President and CEO, Miraio Inc., Japan
スピーカー: 東 大輔, 久留米工業大学 工学部 交通機械工学科 学科長 インテリジェント・モビリティ研究所 所長 教授・博士

© The 16th ITS Asia-Pacific Forum FUKUOKA 2018. All Rights Reserved.