Host Selected Sessions

HS05 5月10日, 11:00-12:30 / Room411,412

道路における交通データの収集・活用

十字型の九州の高速道路網は、スケジュール化されたバスによるハブ交通を創り上げ、2006年から開始したGPSによるリアルタイムなバスの位置情報の提供とバス停施設環境整備が旅客の移動を支援しています。スケジュールをもつバスは定性のプローブ情報を収集していて、地震災害時には早急な観測と情報発信に役立てられました。高速道路を舞台に移動体であるバスなどの交通がもつ社会基盤としての有用性や活用方法の可能性、新たな技術導入への期待について議論します。

モデレータ: 大井 尚司, 大分大学大学院経済学研究科経営システム学科 准教授
スピーカー: Fumihiko Nomura, Director, Planning Division,Fukuoka National Highways Office, Ministry of Land, Infurastructure, Transport and Tourism (MLIT), Japan
スピーカー: Yoshinori Mikura, Manger, General Management Division Expressway Operation Department, Kyusyu Branch, Wsest Nippon Expressway Co., Ltd., Japan
スピーカー: Akihiko Tanaka, Offcer, Kyushu Bus Assosiation (KBA). (Manager [Bus Transportation Systems], Bus Business Division Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.), Japan

© The 16th ITS Asia-Pacific Forum FUKUOKA 2018. All Rights Reserved.