Practical map technology of automated driving

ITSを支える地理空間情報を活用した高度情報社会の実現について議論します。測位情報はITSには不可欠であり、自動運転で要求される精度はこれまでとはけた違いのレベルとなっています。国内に張り巡らされた電子基準点網は測位の基準となりダイナミック地図基盤の調査や測位情報提供サービスの基盤となっています。さらには最新の測位衛星が打ち上げられ、よりリアルで精密な測位情報の収集が可能になります。自動運転や防災に必要となる数センチの誤差に収まるリアルタイム測位について現在の課題、将来の可能性について議論します。

主催者: a secretariat of ITS AP FUKUOKA
モデレーター: Dr. Satoru Nakajo, Principal Consultant, Mitsubishi Reserch Institute
スピーカー: TBD