Government Panel - Automated driving for the realization of Society5.0

世界規模で製造業におけるIoTの活用やネットワーク化は活発になりつつある。日本では通信の活用は製造業分野にとどまらない。経済成長、長寿、社会変革を促すために様々な分野でネットワーク化が広がろうとしている。日本の各省庁の代表者が、「Society5.0」と名付け、サイバー/フィジカルの洗練された高度技術に裏付けられた日本の将来像を語ります。特に交通渋滞はITSや自動運転により改善が可能で、物流の効率化も実現します。不安定な自然エネルギーに対して、次世代燃料電池やEVも普及していくと考えられています。

モデレーター: TBD
スピーカー: Japanese Government Officials (TBC)